開店・開業祝いの品選びと相場金額はどのくらい?

開店・開業祝いの品選びと相場金額

スポンサーリンク

開店・開業祝いとは

新しくお店を開いた人に対して、周りの人が応援の気持ちを込めて贈り物をするのが開店祝いです。また、お店がリニューアルオープンした場合にも、同じように開店祝いを贈ります。
個人商店なら多年の念願かなっての開店は当事者にとっても関係者にとっても感動はひとしおのはずです。今後の商売繁盛を願いつつ、お祝いの気持ちがきちんと伝わるようマナーにのっとって新たな門出を応援したいものです。

開店・開業祝いのご祝儀相場

開店・開業祝いのご祝儀の相場ですが、その金額はおつきあいの深さによっても幅があります。現在でも重要なおつきあいである場合はむろん、今後更におつきあいを蜜にしたい場合などは特に多めに包むことでこれからも関係性を大事にしたいという意思を伝えることができ、信頼関係を築く絶好の機会にもなります。くれぐれも間違いのない金額を包んで贈りたいものです。
相手との関係性による、開店・開業祝いの相場は以下の通りです。

取引先 1万円~3万円 重要な取引先 3万円~5万円
知人 5,000円 親しい友人 1万円
親・子 3万円~5万円 兄弟姉妹 2万円~3万円
親戚 1万円~5万円    

一般的に、目上の方に現金を贈るのは失礼にあたるとされていますが、開店・開業祝いの場合には当てはまりません。特にお金が必要な事情などを知っていればこそ多めに包んで、応援の気持ちを伝えておきたいものです。仕事上でも、個人でも、金額はあくまで目安と捉えて、相手との関係性を考え適宜金額を調整してお贈りするとよいでしょう。

のし袋の種類と表書きの記入は?

開店・開業祝いの場合ののし袋は、紅白の蝶結びを用い、表書きは「御祝」「御開店御祝」「御開業御祝」とします。

名前については個人で贈る場合は姓名を記し、複数で贈る場合は、贈り主が3人までなら、のし袋の表に並べて書きます。通常、右から年長者順に並べますが、同世代であれば五十音順に記します。4人以上の場合は代表者の姓名を書き、その左下に「外一同」とやや小さめに記して、全員の姓名を別の和紙(コピー用紙などでも代用可)に書いてのし袋の中に入れます。
会社から贈る場合は、代表者の姓名を表面の中央に記し、その右上にやや小さめに会社名を書き入れます。

開店・開業祝いののし袋 個人で贈る場合と連名で贈る場合
開店・開業祝いののし袋 個人で贈る場合と連名で贈る場合
開店・開業祝いののし袋 4人以上の場合と会社から贈る場合
開店・開業祝いののし袋 4人以上の場合と会社から贈る場合

お渡しするときには袱紗(ふくさ)に包んで持参し、表書きを先方が読めるように正面に向けて差し出すのが礼儀です。オープニングパーティーに招待されている場合、受付でお渡しすることがありますがそのときもマナーは同じです。

開店・開業祝いに品物を贈る場合

開店・開業祝い従来は、花輪や大入り額、縁起物の招き猫などを贈りましたが、できれば先方の都合を聞いて、店や事業所の雰囲気にあった物を選ぶようにしましょう。また、観葉植物(有名なのは胡蝶蘭ですかね)や掛け時計、酒類やビール券、お祝い金などでも良いでしょう。心を込めた贈り物を持参し、開店・開業の披露宴パーティーに顔を出し前途を祝って祝福することが何よりのお祝いとなりましょう。

避けた方が良い品

開店祝いの贈り物は、新築祝いと同様に灰皿やライター・ガス器具など「火」に関係する贈り物は火事を連想するのでタブーとされていますので、避けた方がよいでしょう。

開店・開業祝いのお返しはどうしたら?

開店・開業祝いのお返しには、宣伝をかねて「店名や社名を入れた記念品」を贈れば十分です。
記念の品として良く選ばれるのが、ミニカレンダー、タオル、ボールペン、湯呑みなどです。
日常よく使うものの方が、そのたびに店名や社名が外の目に触れるので宣伝効果も大きいでしょう。ただし、店名ばかりが目立つ物はかえって嫌がられたりしますので注意しましょう。何事もほどほどが良いようですよ。

スポンサーリンク