お祝い事の周辺知識,年中行事

平安の時代から始まった端午の節句にかざる五月人形は、男の子が健やかに成長するようにという願いが込められています。
こどもの身代わりになって、災厄や不幸から守ってくれるのが五月人形とされています。

五月人形の価格相場

...

お祝い事,年中行事

孫の日は認知度の低い記念日

孫の日はあまり知られていなかった認知度の低い記念日で、知っているが訳1割、残りの益割の人は孫の日を知らないというのが現実でした。しかし、最近は各種商業施設でも孫の日イベントを行うなどしているせいか、ここ数年で ...

お祝い事

お宮参りとは

お宮参りとは、赤ちゃんが生まれて初めてその土地の氏神様を参拝する行事のことをいいます。

古来、生まれた赤ちゃんを氏子の一人として認めてもらうための重要な行事でしたが、最近では氏子という考えが薄らいできたこともあ ...

お祝い事

端午の節句の由来

端午の節句は元々は中国から伝わった行事だそうです。
毎年5月5日に行われる男の子の節句として奈良時代から続く古い伝統ある行事で、子どもの幸せを祈り健やかな成長を願う儀式をします。

端午とは何?

端午と ...

お祝い事

十三参りの由来

十三参りとは、十三歳になった男女が、旧暦3月13日に虚空蔵菩薩にお参りし、子どもの「智恵」「学徳」「福徳」「多福」する風習がありました。京都で有名になったもので、肉体的にも精神的にも大人に変わっていく時期に親子揃って虚空 ...

お祝い事

誕生日のお祝いは欧米から伝わってきた習慣ですが、満1歳の初誕生日だけは別で、日本でも古くから、親戚や祖父母、仲人などを招いて大々的にお祝いをしていました。

初誕生日のお祝い

この初誕生日のお祝いの行事は日本の伝統的な行事が色 ...

お祝い事

お食い初めは「わが子が一生食べ物に困らないように」という願いを込めて行われてきた儀式です。「箸始め」「箸揃え」「箸立て」とも呼ばれています。

お食い初めはいつ行うのか?

お食い初めは、生後百日目とか百二十日目とか、地方により ...

お祝い事

帯祝い

帯祝いは「着帯の祝い」とも呼ばれ「妊娠5ヶ月目の戌の日」に初めて腹帯を巻き、おなかの中で育つ赤ちゃんと母親の健康と安産を祈る習慣です。

どうして戌の日なの?

犬は多産でお産そのものが軽いとされています。これにあやかり ...

お礼状

快気祝いのお礼状はどういった文面にしたらいいの?

快気祝いのお礼状の基本的な文面構成は以下のようになります。

時候の挨拶
病気・ケガで入院していたとの報告、お相手に心配をかけたことへのお詫び
お見舞いへのお礼
退 ...