孫の日はいつ?孫へのプレゼントはいるの?

孫の日

孫の日 あまり知られていない記念日

孫の日はあまり知られていなかった知名度の低い記念日でしたが、最近は各種商業施設でも孫の日イベントを行うなどしているせいか、ここ数年で急激にその認知度が上がってきています。

孫の日はいつ?

先にも書きましたが、毎年10月の第3日曜日となっています。

時期的には孫の日よりも「ハローウィンもうすぐだ!」で盛り上がっている頃ですね。

孫の日の由来

孫の日は、10月の第3日曜日に制定された記念日で、元々は1999年に日本百貨店協会が提唱し、日本記念日協会から認定を受けています。

9月の第3月曜日の「敬老の日」からほぼ1ヶ月後の10月の第3日曜日を、おじいちゃん、おばあちゃんから、孫にメッセージを伝える日にしようと日本百貨店協会が制定。百貨店のもつ商品性、文化性、交流性を生かして社会にアピールしていくのが目的。

日本記念日協会

百貨店協会が提唱ですから、結局はお孫さんにおじいちゃんおばあちゃんからプレゼントをあげてね。購入は全国各地の百貨店でね!という感じでしょうか。販売促進ですね。最近は百貨店も売上げが伸び悩んでいるそうで、販促は企業存続をかけた至上命題なのでしょうね。

孫の日にプレゼントを贈るのかな?

孫の日の知名度の低さも相まってか、現在でも孫の日に特にプレゼントを贈るといった習慣は聞こえてこないですね。今後どうなるかはわかりませんが、現状はその程度です。

直前に夏休みがあるので、帰省をかねて遊びに来たお孫さんにプレゼントなりを済ませてしまってるのではないでしょうか。孫の日は知らないか知っていてもスルーとか。

敬老の日にはおじいちゃん・おばあちゃんへお孫さんから贈り物をしてもらったお返しとして、孫の日にはお孫さんへの贈り物を買ってもらおう」と言った話もありますが、孫の日が敬老の日のちょうど1ヶ月後だというのもなんだか意味深ですね。思いっきり販売戦略だというか何というか…。

ご自宅の近所にお孫さんが居住していたり、同居している場合など、毎日が孫の日といった感じしょうしね、特別に孫の日なんて考えるかどうか。

最近は帰省時のみでも孫疲れなどとささやかれる時代でもありますしね、さて、どうなのでしょう。

スポンサーリンク