新築祝いの品選びとその金額の相場は?

 

新築祝いの品選びとその金額の相場は?

スポンサーリンク

新築祝いとは

新築祝いは

  • 新しい家を建てたことに対する祝福
  • 新しい生活を応援する気持ち

とが込められたお祝いです。

家を新築するということは、人の一生の中で一番大きな出来事と言っても過言ではありません。新築の通知を受けたら、心からお祝いを準備しましょう。
また、開店・開業の連絡や披露パーティーへの招待状を受け取ったら、励ましの言葉とともにお祝いの気持ちを伝えるようにしましょう。

マンションや中古住宅の場合は?

家を購入するのは人生の一大イベントです。これは、新築・中古・マンションなど、どの場合でも違いはありません。どのケースの場合でも、同様に御祝いをしてあげたいものですね。
その場合は、のしの表書きを「新築祝」ではなく「御新居祝」またはただの「御祝」としましょう。
お祝いの品は、新築祝いと同様です。あくまでも先方の好みにあったもの、それが不明の場合は、現金や商品券、ギフト券などが無難でしょう。

新築祝いのマナー

新築祝いは新築披露の当日に持参するのが一般的です。持参できないような大きなものの場合は、招待された日の前日までに届くように手配しましょう。また、新築披露パーティに出席する人のことを考えると、その人の面前ではお祝いの品を渡しづらいような時があります。このような場合には、お祝いの品は事前に贈っておくのが無難です。

新築祝いの品選び

新築祝いに贈る品は、新築した家の雰囲気やそこに住む人の趣味嗜好など、贈る相手の立場に立って選ぶのがマナーです。可能であるならば、お相手の希望を聞いてみることが確実なのですが、なかなかそうはいかないでしょう。最近では、よく出てくる「カタログギフト」や「商品券」が贈られた側が自由に商品を選択できることから人気があるようです。
それはそれとして、新築祝いにふさわしいと思われる品には以下のようなものがあります。

鉢植えの花・観葉植物

まず定番の品といえば「鉢植えの花」や観葉植物です。その場にしっかりと根付くように…との願いを込めて贈りましょう。縁起の良い花言葉を持つものを贈るのも素敵ですね。
鉢植えといってもあまり大きなものを選んでしまうと置き場所に困ってしまい有り難迷惑ともなりかねませんので、ほどほどの大きさのものを選ぶようにしましょう。

タオル・洗剤などの実用品

新築祝いの品に限らず、実用品はいくらあっても困らないので喜ばれることが多いでしょう。高級な、今治産のタオル(流行ですよね)だとかの上質なものがオススメです。洗剤も、普段自分では飼わないような少し高級なセンスの良いものを選ぶことで非日常を感じてもらえるかもしれませんよ。

食器などの入れ物

物が沢山はいる「入れ物」も新築祝いの品にはもってこいです。ティーセットは定番の人気の品です。家の雰囲気に合ったセンスの良い物を選ぶようにしましょう。喜ばれますよ。

新築祝いの品で避けたい物

新築祝いの品にはふさわしくない物、選んではいけないものもあります。これらを考慮しないとマナーを知らない人という印象を与えてしまうことにもなりかねません。

火に関連する品

新築祝いですので、「火に関連する物」は火事を連想してしまうためタブーだと言われています。コンロ・ストーブや灰皿などを贈るのは避けたほうがよいでしょう。また、火の色である「赤」のものは選ばない方が無難でしょう。赤は火を思い起こさせるので避けるようにします。

壁掛け時計

時計は喜ばれそうな物ですが、壁掛け時計は「壁に穴を空ける」ことになるので、新築の家に穴を開ける物を贈っても歓迎されないでしょう。起きどけならばOKです。もちろんお相手が壁掛け時計を希望している場合はこの限りではありません。

マット・スリッパ

マットやスリッパは新築祝いの品にふさわしいように思えますが、「踏みつける」ことを連想させることから、特に目上の人や会社の上司などはに贈るべきではありません。足元に関連する品は避けた方が無難です。

新築祝い金の相場

相  手 金額の目安
1万円~5万円
親類 1万円~5万円
兄弟・姉妹 1万円~5万円
友人・知人 5,000円~2万円
勤務先関係 5,000円~3万円
隣近所 5,000円~1万円

目上の人に現金や金券を贈ることはタブーとされていますので注意しましょう。

新築祝い金の祝儀袋

お金を贈る場合は、のし紙の表書きを「祝御新築」「御新築御祝」「祝御完成」などとして、祝儀袋に入れて贈ります。水引きは、紅白1本蝶結びにします。また、前の家より縮小して新築した場合には表書きは「新築祝い」とはせずに、「引っ越し祝い」「御転居祝い」とします。

新築祝い金の祝儀袋一例

 

新築祝いのお返し

新築祝いに対するお返しは、コーヒーカップやポットなどの、「入れるもの」を贈る習わしがあります。また、それほど親しくない方にお祝いをいただいた場合には、いただいた品の半額くらいのお返しが一般的なようです。

新築祝のお返しの注意点

本来は、新居に身内や親しい人を招いて御披露目することがお返しになります。軽いお食事や飲み物で接待します。御披露目をできなかった人には、新築後1~2か月を過ぎ、荷物も片付いて落ち着いた頃に、「内祝」を贈るようにします。

スポンサーリンク