お祝い事の周辺知識

お返しは必ず必要なの?

諸慶事のお祝いに対するお返しは必ずしければならないものではありません。お歳暮やお中元などは返す必要はありませんが、お返しを考えなければならない場合もありますので現実は多様です。

お返事の常道として、い ...

お祝い事の周辺知識

ふくさの使い方

慶事や弔事でご祝儀や香典などの金包を持参する場合は、ふくさ(袱紗)に包んでおきます。
状況によって、ふくさの色や包み方、渡し方のマナーが異なりますので気を配りたいものです。

ふくさで包むと行ってもマナーがある?

でも ...

お祝い事の周辺知識

表書きの書き方

祝儀・不祝儀いずれにしろ、表書きはお付き合いの大切なマナーです。お祝い事や不幸などはいつも突然やってくるもの。表書きな種類が多くて迷ってしまいますがきちんとマナーを守ってスマートに対応したいものです。

お祝い事の周辺知識

水引の色・本数・結び方は、何のためにお金を贈るのかという目的によって使い分けられています。のしは「のしあわび」が簡略化されたもので、金包袋の右上に付いている、折った紙の中の黄色い紐状のものがのしあわびを意味しています。

お祝い事の周辺知識

お祝い金を贈るときのマナー

お祝い金(現金)だけでなく商品券やギフトカードなど金券を贈る場合には金包を使うのが通常です。くれぐれも現金を裸のまま渡したりしないように(そんな非常識な人はいないでしょうが…)

祝儀袋・不祝儀袋は目的に合わせて選ぶのが基本

...

お祝い事

結婚祝いの品選びは?金額の相場は?マナーは?

結婚のお祝いはお二人の新生活のスタートを祝福するものです。新生活の環境などを考慮し、生活にプラスになるものが望ましいでしょう。でも、具体的にとなると「はて…?」と悩んでしまう方がほとんどでしょう。お祝い事であるが故に贈ってはいけない品 ...

お祝い事

家を新築するということは、人の一生の中で一番大きな出来事と言っても過言ではありません。新築の通知を受けたら、心からお祝いを準備しましょう。また、開店・開業の連絡や披露パーティーへの招待状を受け取ったら、励ましの言葉とともにお祝いの気持 ...

お祝い事

還暦(かんれき)とは、干支(十干十二支)が一巡し、生まれた年の干支にふたたび戻ることをいいます。また、その年、年齢のことも指します。還暦祝いは満60歳の誕生日を中心に行われることが多いようです。還暦祝いには赤いちゃんちゃんこ、昔はそう ...

お祝い事

快気祝いの品選び・その金額の相場・お礼状

快気祝いといえば、病気の全快を祝して闘病中にお世話になった方々へ赤飯や紅白餅などを贈る習慣として行われてきました。最近では、入院中や治療中にいただいたお見舞いに対して、全快の報告とともにお返しの品を贈ることでお見舞いに対する御礼や感謝 ...

お祝い事

成人式のお祝い金の相場と品選び、お返しは?

子供が20歳を境として、社会の一員として正式に認められる日とされており、この日から自分の責任において人生を歩み出すことになります。子供と社会との新しい関係のスタートを記念してお祝いしたいものですね。

お祝い事

初節句(ひな祭り)のお祝い品と金額の相場

ひな祭りは、単なるお祭りではなく、お七夜やお宮参りと同じく女の赤ちゃんのすこやかな成長を願う行事、いうなればお雛さまは、赤ちゃんに降りかかろうとする災厄を、代わりに引き受けてくれる災厄除けの守り神のようなもの。気持ちの問題ですが、省略 ...

お祝い事

七五三のお祝い

3歳の女の子(男の子も対象になる地方もあるようです。)、5歳の男の子、7歳の女の子が神社にお参りして、成長を感謝し将来の幸せを祈る行事が七五三です。七五三に贈るお祝い金の目安ですが、一般的な目安としては、5,000円〜10,000円程 ...