還暦祝いの品選びと金額の相場、そのお礼は?

還暦(かんれき)とは、干支(十干十二支)が一巡し、生まれた年の干支にふたたび戻ることをいいます。また、その年、年齢のことも指します。還暦祝いは満60歳の誕生日を中心に行われることが多いようです。還暦祝いには赤いちゃんちゃんこ、昔はそういった事もあったようですが時代の流れと共に還暦祝いに関する、知識や祝い方も変化してきています。遠方の両親や仕事で忙しい家族が多い中今最も多くなってきているのが贈物・プレゼントです。

快気祝いの品選び・その金額の相場・お礼状

快気祝いの品選び・その金額の相場・お礼状

快気祝いといえば、病気の全快を祝して闘病中にお世話になった方々へ赤飯や紅白餅などを贈る習慣として行われてきました。最近では、入院中や治療中にいただいたお見舞いに対して、全快の報告とともにお返しの品を贈ることでお見舞いに対する御礼や感謝の気持ちをあらしています。快気祝いの相場ですが、見舞って頂いた金額の1/2(半返し)~1/3くらいが目安とされています。快気祝いでは「病気が残らない」との意味から「食べて残らないもの(お菓子など)」や「洗い流すもの(洗剤など)」を贈るのが、縁起が良いとされ一般的です。また、会社などグループでお見舞いを頂いた場合には、数量の多いお菓子やコーヒーの詰め合わせなど、グループ全員に行き渡るようなものを贈るようにするとよいでしょう。

成人式のお祝い金の相場と品選び、お返しは?

成人式のお祝い金の相場と品選び、お返しは?

子供が20歳を境として、社会の一員として正式に認められる日とされており、この日から自分の責任において人生を歩み出すことになります。子供と社会との新しい関係のスタートを記念してお祝いしたいものですね。

初節句(ひな祭り)のお祝い品と金額の相場

初節句(ひな祭り)のお祝い品と金額の相場

ひな祭りは、単なるお祭りではなく、お七夜やお宮参りと同じく女の赤ちゃんのすこやかな成長を願う行事、いうなればお雛さまは、赤ちゃんに降りかかろうとする災厄を、代わりに引き受けてくれる災厄除けの守り神のようなもの。気持ちの問題ですが、省略せずにきちんとお祝いしてあげましょう。

七五三のお祝い

七五三のお祝いの品選びと金額の相場、お返しのマナーは?

3歳の女の子(男の子も対象になる地方もあるようです。)、5歳の男の子、7歳の女の子が神社にお参りして、成長を感謝し将来の幸せを祈る行事が七五三です。七五三に贈るお祝い金の目安ですが、一般的な目安としては、5,000円〜10,000円程度の場合が多いようです。祖父母からは、七五三の晴れ着一式または、それに見合う現金を贈ることが依然多いようです。最近はレンタル衣装を利用する人も多くなり、その場合は、七五三の記念写真の撮影代や写真代を贈る場合が多いようです。また、親の希望により、実用的な物を贈っても良いでしょう。お祝いは大体一週間ほど前までに贈るようにするのがマナーです。

入学祝・入園祝いの品選びと金額の相場

入学祝・入園祝いの品選とその金額の相場、お返しは?

入学・入園祝いは幼稚園から小学校、中学、高校、大学あるいは専門学校と、新しい学校に入学するときに行われるお祝いです。春、新しい学校生活に期待と不安を膨らませる子供たちを、盛大な入学祝いで激励したいもの。 入学祝いには、新しい学校生活への期待と、これまでの成長を祝う気持ちを込めおこなわれています。

就職祝いの品選びと金額の相場・お返しは

就職祝いの品選びと金額の相場・お返しは?

就職は今までの学生生活とはまったく違う、社会人としての新しい生活がスタートする人生の一大イベントに違いありません。人生の1つの区切りとも言えるでしょう。希望と不安を抱えながら、新しい一歩を踏み出した新・社会人たち。社会という荒波に乗りだしていく彼らを、温かい目で励まし見守る気持ちを込めて就職祝いを贈りましょう。

結婚記念日のお祝いの品選びや金額の相場は?

結婚記念日のお祝いの品選びや金額の相場は?

結婚記念日とは、これまで夫婦一緒に過ごしてこれたことに感謝し、これからも一緒に過ごせるように夫婦ふたりで祈る記念日です。結婚した日のことを思い出して、ふたりで原点に返る日、そんな結婚記念日をずっと大切にしていきたいですね。