快気祝いのお祝い状の書き方|文例

快気祝いのお祝い状

けがや病気が全快したとばかり責任感の強い人ほど先を急いで無理をしてしまいがちになります。はやる気持ちをおさえるように、優しくおだやかに励ます言葉を添えましょう。

  • お大事に
  • お体を大事にしてください
  • お体に気をつけてお過ごしください
  • ご自愛ください

など、健康を気遣う言葉を入れるのも、気持ちが伝わりやすくなります。

快気祝いのお祝い状の文例

取引先社長の全快を祝う

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
承りますれば、長らくご病気療養中でいらっしゃいました貴社社長様がこの度めでたくご全快にて退院の由、心からお祝い申し上げます。ご本人様はもとより、ご家族の皆様、社員の皆様のお喜びもさぞやと拝察いたします。今後は医師の指示をよく守ってご保養第一になさり、一日も早く第一線に復帰なされますことを切にお祈り申し上げます。
まずは書中にてお祝い申し上げます。
敬具

勤務先の上司の退院を祝う

前略 このほどめでたくご退院とのこと、誠におめでとうございます。思いのほかお早いご回復で病院の先生も驚いておられたと聞いておりますが、奥様、お子様方のお喜びもひとしおでございましょう。
まもなく職場に復帰されるそうですが、どうぞご無理をなさらず、十分にご養生くださいますようお祈り申し上げます。
ますは書中にて全快のお喜びまで。
草々

スポンサードリンク

お世話になった人の全快を祝う

前略 ご全快にてご退院の朗報、ただいま落掌いたしました。心からお喜び申し上げます。
ご入院中ずっと付き添っておられた奥様のご心痛とご苦労を思いますと、大事に至らないで本当によかったと胸をなでおろしております。
お世話になりっぱなしでご入院中は何のお役にも立てませんでしたが、もし何かお手伝いできることがありましたらお力になりたいと存じておりますので、なんなりとお申し付けください。
まずは、とりあえずの全快のお祝いまで。
かしこ

退院です。快気祝い

学生時代の先輩の全快を祝う

前略 ご病気全快の由、誠におめでとうございます。
過日お見舞いにまいりました折、年内には退院できないだろうとのお言葉でしたので、退院の知らせを聞いた時は本当に驚き、素晴らしい回復力と敬服しております。何はともあれ、病気は予後が大切だと申しますから、ご無理をなさらないで、ご養生専一にお過ごしなさいますようお願い致します。
まずは書中にて全快のお祝いまで。
草々

スポンサーリンク