お祝い状の書き方|大事にしたい5つのこと

職服の気持ちが相手に伝わるように、お祝い状を書く時におさえておきたいポイントがあります。

お祝い状には時候の挨拶・安否の挨拶は不要

相手の幸福を共に喜びお祝いするためのお祝い状に、長々と時効の空いた通夜安否の挨拶を欠くのはおかしなものです。
直接「このたびは○○おめでとうございます……」と書いた方がスッキリした感じを与え、相手にお祝いの気持ちがより伝わりやすくなります。

美辞麗句を並べ立てない

お祝い状を書く時に一番大切なのは、「心を込める」ということです。どんなに相手を祝福する気持ちがあっても、形式的な美辞麗句を並べ立てられたのでは祝福の気持ちは伝わりにくいものです。飾らない言葉で自分らしい文面にすることで相手に気持ちが素直に伝わっていくことでしょう

出す時期をはずさない

お祝い状は相手の喜びが最も大きい時に届いてこそ価値が生まれるものです。時期をはずしたのでは、せっかく心を込めた祝い状でも間延びした感じを相手に与えてしまいます。
お祝い事を知った時はできるだけ早く時機を逸しないように書くことが大切です。ただ、遅れたからといって出さない方が良いわけではありません。その場合は遅れてしまったことに対するお詫びの言葉を添えて送るようにしましょう。

スポンサードリンク

忌み言葉に気をつける

例えば、結婚を祝う文面に「切る・離れる・別れる・去る・戻る」などの言葉を使うのはタブーとされています。これは相手は忌み言葉など気にしない方であっても、意識して使わないようにするのが相手への最低限の礼儀となります。

お祝い状の書き方

お礼状はその日のうちに

人から厚意を受けた場合は、その日のうちにお礼状を書いて感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。書くのを一日延ばしにしていると時期を逸してしまい、礼を失することになってしまいます。
お礼の言葉は、相手との関係や自分との年齢差などを考慮してそれにふさわしいものを使います。

用途別マナーと文例集

スポンサーリンク