お見舞い状の書き方|気をつけたい6つのこと

事故や病気、自然災害など、様々な形で災難に遭われた人や企業に対してお見舞いの気持ちを書状で伝えるためのお見舞い状です。
お見舞い状は、災害に遭われた方に対する書面なので、お相手の心情を傷つけないようにするためにも最低限のマナーを守った文面にしましょう。

お見舞い状の書き方と文例

いたわりと励ましの気持ちをすなおに表します

見舞いや激励のハガキを書く場合は、相手が病気・災害・失敗などで苦しんだり悩んだりしているわけですから、お相手をいたわると同時に励まし力づける気持ちを込めて書きましょう。ただ、余計なプレッシャーを与えるような表現・言い回しは避けるようにしましょう。

病気見舞いには明るい話題も書き添えます

病気や事故の見舞い状は、慰めや励ましの言葉のほかに、相手の知っている人達の近況や明るい話題も書き添えて、気持ちを引き立ててあげる誠意が必要です。
長くわずらっている人に書く時以外は前文を省略するのが普通です。文章の上手・下手よりも、丁寧な字で読みやすいように行間を空けて短めに書くことがポイントとなります。

災害見舞いは事情を知った時点ですぐに出します

災害を受けたことを知ったらすぐに出すのが災害見舞いの礼儀です。安否を気づかう主文から書きますが、生々しい表現や過去の大災害・大事故をたとえに使うような表現は避けるようにします。

スポンサードリンク

激励状は相手の立場にたって書きます

励ましの便りはがんばっている相手の気持ちになり、心のこもったものにします。書き方によっては相手も気持ちを傷つけることもありますから、表現には最新の注意を払いましょう。

お見舞い状を書く

お礼状は好意に対する感謝の気持ちをあらわします。

見舞い状や激励状をもらったらお礼状を出しましょう。お礼状の性質によっては儀礼的なものもありますが、適当に書くのは失礼になります。相手の好意に感謝の気持ちをあらわすのが目的ですからす、なおな気持ちをあらわす文面にしましょう。

忌み言葉は使わないようにしましょう

死・滅・苦・敗などの、不吉を連想させる言葉は使わないようにします。

各種お見舞い状|文例集

スポンサーリンク