結納時の服装を選ぶ時のマナー

結納当日の服装

スポンサーリンク

結納当日にふさわしい服装とは?

最近では結納も色々なスタイルで行われるようになってきました。昔ながらの荘厳な結納から簡略化された結納まで様々ですが、結納は元々厳粛な儀式ですので服装にもマナーがあります。

結納の服装のポイント

両家の格式を揃えるのが一番のポイントです。

あらかじめ、両家で服装のバランスを打ち合わせておきますが、

  • 新郎・新婦たる本人達が上格
  • 両親・仲人は新郎・新婦たる本人達より格下
  • 両家は同格の装い

という形にするのが大前提で、基本的なマナーです。

具体的な服装は?

女性本人

洋装の場合は、セミフォーマルのワンピースやスーツで、アクセサリーはパールなどの上品で控えめな物を身につけるようにします。

和装では振り袖や付け下げが適当です。

洋装・和装いずれにしても上品さが漂うコーディネートにしましょう。
ヒザが見えるような短い丈のスカートやロングドレスは避けるようにします。

結納当日の服装

注意点

洋装でワンピースやスーツを着用する場合、黒は結納というおめでたい場にふさわしくないので避けるようにします。
また、必ずストッキングを着用するようにしましょう。
破れた時のために予備を用意しておくと安心です。

和装の場合もお祝いの場にふさわしい明るい淡い色合いを選ぶようにします。
和装では足袋を使用しますが、汚れた時に履き替えられるよう予備を用意しておくと安心です。

スポンサードリンク

 

男性本人

グレーや紺のダークスーツもしくはブラックスーツを着用します。

女性が振り袖の場合はブラックスーツに白いワイシャツ、ネクタイは白かシルバーの礼装用をしめます。

注意点

ブラックスーツやダークスーツに合わせるワイシャツは白が基本です。
靴は紐付きがフォーマルなので、紐付きの黒い靴を使用しましょう。
茶はカジュアル色が強いので避けた方が無難かもしれません。

意外と見落としがちなのが靴下。
靴下はスーツの色に合わせて黒や紺がおすすめ。
また、お座敷などで靴を脱ぐ場合も考えられるので、新しい靴下を着用した方が安心かもしれません。靴を脱いだら靴下に穴が空いていたなど、恥ずかしいですからね。

両親・仲人

父親や仲人は、通常ブラックスーツかダークスーツ、仲人婦人と母親は、和装なら無地の紋付きか訪問着がふさわしいでしょう。

洋装なら上品なスーツかワンピースにし、女性本人よりも控えめに装います。

最近は簡略化する傾向も

最近では、結納自体が簡略化されてきていることから、正式な礼装をすることは減少してきでおり、ほとんどが略礼服や手持ちの衣服の中からフォーマルな服を着用してすませることがが多くなってきているようです

スポンサーリンク

結納

Posted by JJ