弔問のタブー・これだけは気をつけたい3つのこと

弔問

臨終直後に喪服の正装や派手な服装で弔問しない

とりあえずの弔問であるにもかかわらず、正式な喪服を着用して現れるのは、死を予期していたととられかねず悪い印象を与えてしまいます。

また、ビビッドな色合いの派手な服装は極力避けるようにし、アクセサリーも指輪やパール程度にとどめておくべきでしょう。

お悔やみは手短に、長話をしたり死因を聞きだしたりしない

故人の逝去に際し悲しみにくれている遺族が思いだしたくないのに、故人との思い出話を長々としたり、また死因や病状の経過を根掘り葉掘り聞き出そうとするのは大変な失礼に当たります。

故人と自らすすんで対面しようとたり取り乱したりしない

故人と親しい関係者以外は遺族にすすめられるまで対面を言いださないのがマナーです。また、故人と対面した場合もみだりに取り乱したり、長々と話しかけるのは避けるべきでしょう。

弔問

スポンサーリンク