病気・けが見舞いのマナーと金額相場や品選び

病気・けが見舞いとは、病気や怪我などで病院に入院している人の所に 訪問し、談笑などをする事で慰める行為をいいます。病気・怪我見舞いは、相手の状況を勘案して負担にならないように時期を選びましょう。また、病院の面会ルールもきちんと守りたいものです。

災害見舞いの品選びと相場金額はどのくらい?

災害見舞いの品選びと相場金額はどのくらい?

近親者や友人など、親しい人は地震や台風などの災害にあった場合は、できるだけ早く駆けつけてあげるのが何よりの御見舞いになるでしょう。 事情が許すならば、被害状況や交通事情などを調べ、飲料水や食料、軍手など役に立ちそうな物を用意して出かけ、被災地で力を貸すようにしましょう。 現地へ行けない場合は、相手が必要だと思われる実用品か現金を贈るようにします。 災害見舞いの場合、通常とは異なり、目上の人に現金を贈っても失礼にはなりません。