お七夜(おしちや)の手順や命名書の書き方

赤ちゃんのお七夜とは「命名式」「名付けの祝い」とも呼ばれる日本の風習です。赤ちゃんとその子に付けた名前をお披露目し、家族や地域の人々、その土地の産神に報告する日とされています。赤ちゃんに名前を付ける命名には、家族や両親で名前を付ける方法と名付け親を頼む方法とがあります。人の名前は一生ついてまわるものですから、いずれの方法をとるにしても後々悔いの残ることのないようによく考えて付けるようにしましょう。